お金借りる 市役所 区役所

行政でお金を借りる方法

行政からお金を借りる方法

広く広報活動が積極的に行われているわけではありませんので、実は知らない方も多いものですが、公的機関でもお金を借りることが出来ます。

 

市役所や区役所など行政がお金を貸しているということに驚く方も多いものですが、実は福祉の観点から金融機関だけではなく行政もお金を貸してくれます。

 

金融機関はお金を貸し付けてその利子で利益を出すわけですが、市役所や区役所などは生活に困った方の福祉の観点からお金を貸します。

 

厚生労働省が実施している制度になりますので、全国津々浦々どこでも利用出来る制度にはなりますが、地方自治体によって厳密な対象者の区分が変わりますので、利用したい場合はお住まいの自治体の利用条件を確認する必要があります。

 

利用条件は高齢者であること、障がい者世帯であることなどと共に、低所得世帯であるけれども、金融機関から融資を行ってもらえない世帯も含まれます。
どのくらい収入が低いと該当するのかなどは、その自治体によって変わってきます。

 

この制度は生活福祉資金貸付制度と呼ばれ、利息はとても低く、連帯保証人がいれば貸付利息はほぼ0になるような自治体もあります。

 

しかし、行政機関からお金を借りるのはハードルがとても高く、また当然お金を借りる状態ですので、一定の期限で返済する必要があります。生活保護とは違い、返却しなければならないお金になりますので、あくまでも自立支援の一貫だという認識を持つことが大切です。

トップへ戻る