お金借りる ヤミ金 サラ金

ヤミ金・サラ金とは

ヤミ金、サラ金の怖さとは

よく聞くサラ金やヤミ金・闇金を利用せざるを得なくなった状態でも一度使ってしまうともう二度と抜け出せない状態に陥ってしまいます。

 

トイチという制度を例にとってみてみましょう。
トイチとは10日で1割の利率での融資なので10日後には借りた金額の1.1倍の金額を返すことになります。

 

しかし、20日後には1.1倍にさらに10%分の利益をつけて返すことになるので1.21倍の金額になり、雪だるま式に増え続けることで100日後には借りた金額の倍以上の金額を返さなくてはならなくなってしまいます。

 

もちろんそれだけ返せるようであればもとから借りる必要などありませんので破綻することを見越してこのような業者は取り立ててきます。利用者が現金での返済が不可能になれば次に家財などを押収し、家なども押収されてしまいます。

 

もとからここまで見越して貸しているので一度借りてしまったら家が取り押さえられるまではほぼ一直線です。家が抑えられたあとはもちろん一文無しのホームレスとなりますがそれでも付け狙われる場合には臓器などを狙われる場合もあります。

 

そうなってしまうと逃亡するだけの資金もありませんから夜逃げするしかなくなってしまいます。

トップへ戻る