身内や同僚に借りる時、ここに気をつけて!

身内や同僚に相談をすればスピーディにお金を調達する事が出来ます。身内や同僚相手なら金利は掛かりません。しかも他人にはお金に困っている事がバレませんので、良い事ばかりに思えます。

 

しかし上司、同僚に現金を都合してもらう場合は少し気をつけなければいけません。家族相手とは違い、結局のところ上司、同僚は他人であり親しい相手とは言え普通に借りただけのお金を返済すると相手のご機嫌を悪くする可能性大です。口では無利息だと言っていても相手は期待しており、色を付けて返済をしないと後々職場に居づらい感じになりかねません。

 

兄弟、友人相手の場合も同様です。家族同然にお付き合いしている友人でも返済する際は少し額を上乗せしなければならず返って返済額が膨らむ危険性もあります。兄弟相手の場合はお金こそ不要かもしれませんが、迷惑をかけた事に対してお詫びが必須で、全額返済を果たすときには菓子折りの一つでも持っていかないと駄目です。

 

おばあちゃん、祖母、祖父は経済的に裕福で、しかも孫に対しては甘い事もあり、金利や見返りは求めないタイプの方が多いです。場合によっては、いわゆる出世払い(実質的には返済の必要性さえない)にしてくれます。ただしおばあちゃん、祖母、祖父は大抵噂好きでお喋りで自分が経済的に困窮していた事が親戚一同に広がる懸念は捨てきれません。

トップへ戻る