キャッシングの申込みに必要な書類等

お金を借りる時には、身分証明書のほか各種書類が必要となります。

 

少額の融資であれば、基本的に印鑑と身分証明書のみで申し込み可能としている業者も存在しているため、この場合は担保、連帯保証人といったものも不要です。一般的には50万円がひとつの目安となり、50万円以下の場合は申込用紙に必要事項を記入して捺印し、身分証明書のコピーを一緒に添付します。

 

身分証明書として有効なのは、運転免許証やパスポートなど住所と顔写真が入っているもので、これらのうち1つだけ提示することで身分証明の役割を果たします。免許証やパスポートを所持していない場合は、年金手帳や給料明細、健康保険証や住民票といったものの中から2つ提示することで、多くの場合代替となります。

 

契約時の融資金額が50万円を超える場合や、他社を含めた借入額が100万円を超えるケースに関しては、身分証明書のほかに収入証明書が必要となるほか、ビジネスローンの場合は各種書類、印鑑証明、身分証明書が必要です。

 

収入証明書として提出できる書類は、源泉徴収票や住民税決定通知書等があります。住民税決定通知書は管轄の役所で発行してもらう必要がありますが、源泉徴収票はサラリーマンであれば毎年必ず配布されるため準備は簡単です。源泉徴収票を提出する場合は、原紙ではなく必ずコピーを渡します。

 

カードローン審査の通りやすさについて

近頃では、急な出費に備えてキャッシングサービスを利用している人があらゆる年代で増えてきています。しかし、お金を借りる 審査に通るのか悩んでいる人も少なくありません。審査通らない理由を事前に調べておくことによって、スムーズにカードの発行につながりやすいといえます。

 

キャッシングローンの審査では、勤続年数の長さや年収、自宅が持ち家かどうかなど詳しく調査されます。また、これまで他社で借り入れがあった場合には、返済が遅れたりしなかったか、残債がどの程度残っているかなどについても調べ、信用できる人物かを見極めているのです。

 

金融会社によっては審査が甘いところもありますが、基本的には申し込んだ時点での借り入れ金額や返済状況をじっくりと見てから判断しているといえます。安定した職業に就いている人は審査を通過しやすい傾向にあります。さらに、申告した勤務先で本当に働いているのか在籍確認が行われますので、その点も心得ておくと安心です。金融会社は個人名で電話をかけるため、職場の人に知られることもなく安心といえます。

 

このように、キャッシングローンの審査では、あらゆる角度から徹底した調査を実施することによって、質の高いサービスを提供しているのです。

トップへ戻る